リサイクルには、材料として再利用するマテリアルリサイクルと熱源として利用するサーマルリサイクルがあります。
日成エンジニアリング(株)はFRP製品に対し循環型社会形成の一翼を担うべく、積極的にリサイクル化を進めています。
覆蓋等の熱硬化性FRPはサーマル・マテリアルリサイクルによりセメントの原燃料として再利用されます。
(社)強化プラスチック協会とNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)との実証プラントによる検証が修了し
実稼動へと展開されています。
日成エンジニアリング(株)は同協会 覆蓋工業部会の幹事会社としてリサイクルの推進に取り組んでいます。
マンホール蓋等の熱可塑性FRTPはマテリアルリサイクルにより再度、蓋等の原料として利用されます。

Copyright Nissei Engineering Co.,Ltd.  All Rights Reserved